« ZX 2/泥除け取り付け | Main | ZX 2/知人からの耳よりな話01 ラジエターに砂 »

January 16, 2005

ZX 2/エア抜きバルブのパッキン交換

 ZX1.9iには、クーラント交換時のエア抜きバルブが4カ所あります。どこにあるかは、車載の取り説・整備マニュアルにイラストで掲載されています。そのうち、ラジエターに付いているエア抜きバルブは、ほかの箇所のモノとは異なり(残り3カ所は、プラグ・ネジ式です)、樹脂製のコックになっています。

 それには、Oリングのパッキンが使われているのですが、経年変化でシール性が衰えてしまったため、コック周辺にクーラントの漏れ跡が見られました。走行直後にエンジンフードを開けて確認すると、コック周囲からプクプクと気泡が出ている始末。数日で、クーラントは MAX→MINに減ってしまいます。
 クーラントが漏れ出して容量が減るのも困りモノですが、そこから負荷などで空気がクーラントに混入するのもベーパーロックを引き起こすから困った結果ににつながりかねません(幸い、水温の異常な上昇はありませんでしたが)。そこで、早速パッキンを新しくすることにしました。
 コックには脱落防止のクリップが付いていますが、ちょっとこじれば簡単に引き抜けます。付いていたパッキンは、ひび割れなどはないのですが、断面が見事に真四角になっていました。これでは弾力が失われ、Oリングに必要な線接触によるシール性は望めません。パッキンは、見たところ汎用のOリングが使えそうなので、DIYセンターで流用できそうなモノを探してみました。
 結果、見つかったのは「水道・水回り用品」コーナーにあった「9mm径」というブチルゴムの円断面パッキンです。耐熱温度の表記はないのですが、給湯器にも使用するモノのようなので、とりあえず心配はないでしょう。コックに装着してみたら、サイズはぴったり。クーラントの漏れ出しもピタリと納まりました。
 価格は1パック・2個入りで90円でした。パッキン径の規格は、その中心径で測るようです。

|

« ZX 2/泥除け取り付け | Main | ZX 2/知人からの耳よりな話01 ラジエターに砂 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53535/2596532

Listed below are links to weblogs that reference ZX 2/エア抜きバルブのパッキン交換:

« ZX 2/泥除け取り付け | Main | ZX 2/知人からの耳よりな話01 ラジエターに砂 »