« #CAR 想いでの車〜セドリック05 | Main | #CAR 想いでの車〜セドリック06+ »

#CAR 想いでの車〜セドリック06

 ウチで乗ることはなかったが、初代で最高にスタイリッシュだったのが、ワゴンだ。当時の呼び方ならば、エステートワゴン。セダンと基本的なサイドビューは同じで、Cピラー以降のルーフが延長されたカタチだった。だから、テールのコンビランプもそのまま使われている。
 
 ルーフエンドはレインドリップをドロップさせずに、そのままテールエンドで左右がぐるりと回り込んでつながっている。410ブルーバードと似た形状だった、と記憶する。4ナンバーのバンと5ナンバーのワゴンの2本立てだったかどうか、今は不明だが(いずれ調べてみるつもり)確かテールゲートはガラス昇降式でテールドアが下ヒンジのプラットフォーム式だったと思う。
  
 どっちにしても、リヤビューは当時のアメリカンワゴンと類似したカッコよさにあふれていた。そんな凝ったツクリだったこともあって、高価だったのだろう。街でセドリックのワゴンを見かけることは少なかった。憶えている限りでは、ボディカラーもちょっとえんじがかった赤とか、スカイブルーなどのリゾートが似合いそうな色が多く走っていた。

 そんなワケで、ワゴンは後期の横目のほうが全体のマッチングがいい。フロントは横基調、リヤは縦基調というメリハリのハッキリした、そして、テールドアの役割が明確でデザインコンシャスだと、そのころから確信している。ベンツEクラスワゴンなら、W123、W124のワゴンのリヤデザインは許せるが、先代や現行のリヤは許せない、といったところだ。

 初代セドリックのステーションワゴンは、性能や機能は別として、ことスタイリングに関しては国産車ワゴンの十指に入るデキだ、今もそう思う。

|

« #CAR 想いでの車〜セドリック05 | Main | #CAR 想いでの車〜セドリック06+ »

「CAR」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53535/8290111

Listed below are links to weblogs that reference #CAR 想いでの車〜セドリック06:

« #CAR 想いでの車〜セドリック05 | Main | #CAR 想いでの車〜セドリック06+ »