« #CAR 想いでの車〜コロナ(1) | Main | #CAR 想いでの車〜キャロル »

#CAR 想いでの車〜コロナ(2)

Cro6004_01
当時我が家にあてがわれたコロナ・ピックアップは、肌色というか子豚というか、とにかくそんな感じのちょっとピンクがかった薄いベージュだった。

コロナのような中型セダンだけでなく、国産車全体でもそんなに多く見かける色目ではなかったと思う。

初代カローラや初代サニーで爆発的に増えるホワイト流行前夜といえる状況で、たいていは紺や黒、グレー、水色、エンジといったビジネスライクな雰囲気も併せ持つボディカラーが、マイカーでは多かったのだ。

ピンクがかったベージュは、時代が下った40年後の初代ヴィッツでカタログイメージカラーとして大きく扱われている。どうやらこの色は女性向きとメーカーが考えている(考え続けてきた)ようだ。

2代目コロナも、ちょっと女性ドライバーを意識していたふしがあるので、あながち狙っていなかったとはいえないかもしれない。

ただ、ビジネスモデルのピックアップにピンク系というのは、当時としてはいかがなものか……という気もする。

2代目コロナは、ボディカラーによってスタイリングイメージが異なって見える不思議なクルマだった。

メッキパーツが、フロントグリル、Cピラー、リヤガーニッシュの3点に大きく配置されていて、それぞれがボディカラーによってはハイライトとなり、色によってシマリが、べつの色によっては緩和に生きた。

子供心にそんな印象を持った。

たとえば、紺や黒ではメッキパーツが全体を引き締めてシャープでメリハリのあるスタイリングになる。

肌色ピンクでは、メッキパーツが白く映えて全体をなごやかなイメージにする。……そんな感じだ。

ボクは、肌色ボディと、とくに荒いヘアラインのCピラーとのコンビネーションが婦人用化粧品の容器やコンパクトケースとクロスオーバーして印象に残っている。

それまでの、典型的なクルマの造詣から一歩踏み出したスタイリングのさきがけが2代目コロナだったのではないだろうか、今振り返るとそう思う。

とはいえ、ピックアップのCピラーは装飾のない鉄板のみだった……。

そんな、肌色のコロナセダンと30年ほど経てから、偶然再会した。

再会とはいっても初めて遭遇したのだが。

そのクルマは、初めて通る道に建つ大谷石の塀に囲まれたちょっとしょうしゃな邸宅のガレージに、こちらに顔を向けて止められていた。

ナンバーは管轄が一文字、「5」のヒトケタ。

あまりしょちゅう乗ることはないのだろう、全体にうっすらとホコリをかぶっていた。が、タイヤの裏は黒々としていてずっと休眠しているわけでもないらしい。

邸宅は、白いモルタルの壁に青い陶器瓦ふきで、玄関の傍らにシュロが植わりテラスふうのハザード。その隣室は出窓の応接間らしき部屋。おそらく昭和30~40年代の建築だ。

ガレージは、洗車するにも十分するほどのゆったりとしたスペースのコンクリート敷き。鉄パイプでワンオフで溶接で作られた観音開きの大きな門扉。

コロナをとりまく全体が、当時のまま時計の針を止めたままのような風景に包まれていた。

当時、多くの人が理想にした中流家庭と中型セダンの理想的なコンビ。

子供のころ、コロナ・ピックアップに乗せられたことで出来上がってしまっていた「ファミリカーとして落第」という烙印は、その邸宅の前を偶然通りがかったことで、ボクの心の中から消滅した。

ああ、よかった、と思った。

そのときに抱いた好印象を失いたくないために、その後、いや今も、けっしてその道を通らないことにしている。

|

« #CAR 想いでの車〜コロナ(1) | Main | #CAR 想いでの車〜キャロル »

「CAR」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53535/17911330

Listed below are links to weblogs that reference #CAR 想いでの車〜コロナ(2):

« #CAR 想いでの車〜コロナ(1) | Main | #CAR 想いでの車〜キャロル »