« #CAR 想いでの車〜キャロル | Main | #CAR 想いでの車〜ブルーバード(2) »

#CAR 想いでの車〜ブルーバード(1)

Buru1

東京オリンピック直前の路上情景を復元するとしたら、この初代ブルーバードと初代クラウン、ルノー4CV、普通ナンバーのオート三輪は欠かせない存在だろうと自信を持って言えるほど、初代ブルーバードはしょっちゅう見たというか無意識のうちに頭に刷り込まれてしまったクルマで、もう少し考えてみるとブルーバード、クラウン、ルノーの3台はいずれもタクシーに使われる多数派であったがゆえに覚えているわけで、オート三輪もトラックの代表的な車種だったということになるのだが、もちろんタクシーもトラックもほかに多種多様なクルマが存在していたのだが、結局いずれもルックスというかアイコンが強いがゆえに記憶に強くとどまっているのだろうと思う。

それ以上にボクの記憶に強く残っている原因が、父がベタほめしてたことも大きかった。当時セドリックに乗ってた父に「個人で乗るならカキノタネがいちばん」と言わせしめたクルマで、ことあるごとに他人に勧めていた。そんな刷り込みもボクには大きい。

一方で、主にそのルーフの形から石鹸箱という呼び方もしていた。スタイリングに関しては、時代遅れで面白みに欠けるといった意味がこめられている。

当時父は日産にクルマのパーツや工場の専用工具を収める商社に勤めていた。ひいきの引き倒しのようにも思えるが、グローバルな目で見ても初代ブルーバードは「良品」「良車」であったのだろう。確かに、ルーツに小型セダンのお手本のようなオースティンA50があるし、ダットサンとしても210を経てこのブルーバードで自社製品、国産車としてひとつの完成形に至った感がある。

とにかく、マジメに質も実も、そしてほどよく造ったらこうなった、というクルマなのだ。父の評価は。

後継の410ブルーバードは、メカニズム的なことは別にしてルックス的には遊びが過ぎたのだろうか、初代が中古となってからは父の評価は益々上がった。

ブルーバードが現役のときも、そして中古となってからもあまり乗った記憶はない。乗るとしたら大半はタクシーだったのだろうが、ボクが子供のころはどういうわけか住んでいた地域に小型タクシーの姿は少なく、しかも家族は選ってまでして中型に乗るのを好むので縁遠かったのである。わずかに、たまたま流しの多摩ナンバーのタクシーなどに路上で遭遇して乗る機会があったくらいだ。

多摩ナンバーは小型が多かったし、都内ナンバーのブルーバードのタクシーは個人が多かったように覚えている。購入価格や維持費、ガレージの都合そして個人営業なりの割安感をメリットとして考えるとベターなチョイスだったのだろう。もちろん、商売の道具だから信頼性やメンテナンスの利便性なども重視されていたはず、と思う。

改めて。ブルーバードへの支持の基は、小型セダンの「典型」ゆえである。そこそこの乗り降りしやすい車高、丸いヘッドライトとバランスのよい独立したフロントグリル、セダンとして必須の4枚ドア、大きすぎず小さすぎずほどよくまとまったすべてのウインドウ、存在感のあるトランク、位置が高く視認性もよくトランク開口部を殺がないテールランプ、しっかりした大きさのバンパー。そして、必要にして十分なモールやメッキパーツの量。全体に無駄がないのである。コストを削ったことによる不自然な空白や価値を高めんがためのこれ見よがしの無意味な虚飾もない。

と、大上段に立ったようなコトを言っているが、頭に乗って続けてしまうと、ノスタルジーに昭和30年ころのクルマ、モータリゼーションの開花前後のクルマ、いわゆる旧車について語られるときにこの初代ブルーバードが話のトップに来ることがない気がするのはナゼカ、と考えてみると、これまたくどいのだが、「実」はあっても「華」についての要素が少ないからであって、実のところ4ドアセダンに加えてバン/ワゴン、トラック(ダットサントラック)と多彩なバリエーション展開で小型国産車の底支えをした功労者であることは間違いないのであって、後に、同じ日産ではマイカーブームをサニーが、高性能モデルは3代目ブルーバードのSSSやスカイラインGTが話題や注目度をさらってしまっただけのことであり、イギリス人が常にモーリスマイナーに抱くのと同様の郷愁を初代ブルーバードに抱いてもいい気がする。それほど、初代ブルーバードのつつましやかな性能や容姿は日本人の琴線に触れるのである。

と、大上段は終わり。

もちろん、ブルーバードはファミリーカーとしての座も確保していて、ボクが最後の現役を見た自家ガレージに納まっている姿は、当時住んでいた自宅から歩いてものの1分と離れていない上級生の家の最終型だった。巷にはすでに三代目が走っていたころの話だ。

ボディカラーは濃紺。

タクシーはアイボリーや薄い水色が多かったが、自家用は白系に加えてこの濃紺も多かったように思う。純粋に「自家用車」だったのだろう、曜日を問わずほとんど車庫の中にブルーバードはいた。ガレージは戸建ての玄関脇に専用の門がしつらえられていて、間口は一間ほどでちょうどクルマが出入りできるほどのサイズ。角材の門柱と背丈1メートル半ほどの観音開きの木戸が備わっていたと思うが、ほとんど開けっぱなしで、ブルーバードがそこから少し鼻を突き出していた。

上級生は女子でクルマのことなど興味はなかったようで、ほとんどブルーバードに関しての話を交わした記憶はない。そんな中、聞き出せたのは家で免許を持っているのは父だけで、そのクルマはまだ現行だった時代に中古で新車の約7割ほどの価格で購入したそうである。

父君は、上級公務員か、大学教授だったか、とにかくお堅い職業に就いていた。また、彼女には兄がいて、成人して免許をとるようになったらブルーバードを止めてほかのクルマに乗り換えるらしい、とも聞いた。とはいえ、それから数年間、兄が成人してからもしばらくはガレージの不動の主を続けていた。結局、このブルーバードは、彼女の家ではあまり活躍の場を与えられなかったかもしれない。

あるときは、こんな話も聞いた。

ある朝、父君だったか兄だったかがブルーバードで出かけようとしたところ、バッテリーが弱っており仕方なくクランクがけしてエンジンをかけた、というのである。いや、時間軸からして父君だ。

そういえば、ブルーバードはフロントバンパーの真ん中の上のほうに日産マークに似たカタチの穴が、控えめに開いている。ここからクランクがけの棒をつっこむのである。

お堅い宮仕え(失礼!)の父君にとって、すわ鎌倉!といったときにでも、手は汚れるものの確実に自力でエンジンを目覚めさせることができる初代ブルーバードは、もっとも信頼に足る「良車」だったのであろう。


|

« #CAR 想いでの車〜キャロル | Main | #CAR 想いでの車〜ブルーバード(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53535/51028074

Listed below are links to weblogs that reference #CAR 想いでの車〜ブルーバード(1):

« #CAR 想いでの車〜キャロル | Main | #CAR 想いでの車〜ブルーバード(2) »