« リセットして | Main | 第三の波〜ミノルタ編 »

第三の波〜コニカ編

 CONTAX に続いて、コニカ/ミノルタの名前も風前の灯火だ。生まれてこのかたの、ちゃんとした記憶の残っているうちでは、カメラメーカーの意気消沈は、これで3度目のことだ。

 最初は、石油ショック前後、70年代後半だ。ミランダ、コーワ、ペトリといった個性的で庶民的なメーカーが倒れた。私的な認識としては、小型&エレキな一眼レフの波に乗れなかった一群だ。あるいは、ストロボ付きコンパクトと110ポケットの波に乗れなかったともいえる。
 次の波は、80〜90年代。AF一眼レフとAFコンパクトの波に乗れなっかた一群だ。このとき、フジは1眼レフの扉を閉ざし、トプコンは高度な裏方に徹することになり、マミヤはアッサリと中版専門に入っている。ついでに言うと、ニコンとペンタクスがコンパクト市場に進出した。
 これらの波を、コンパクト界でリードしてきたのが、コニカだった。まず、ジャーニーコニカでコンパクトレンジファインダーを、ピッカリコニカでストロボ付きコンパクト、続いてジャスピンコニカでAF。一足早い結果による躍進は、ビッグミニで頂点に達した。ここまで名前を挙げたカメラの亜流がいかに多かったかを思い起こしてみれば、一連のコニカカメラの実力は歴然だ。
 しかし、APS時代になってコニカはつまづく。ニュービッグミニの名前で、APS版の後継機は出したものの、実際にはナンの変哲もない、APSにもかかわらずいくらも小さくない、ツマラナイカメラだったのだ。ちょっと話しを戻すと、ビッグミニもその後継たるズーム機が出ていない。いや、ビッグミニネオシリーズはあったけど、ファンが待ち望んでいたのは、あのボディサイズのズーム機だったはずだ。最も近いのが、キョーセラTズーム、というのが因縁じみている。
 さらに、個人的にガッカリしたのが、APSのSミニだった。ひどすぎる。Kミニと並んで、使い切りよりひどいコンパクトの2大巨頭と呼びたい。レビオはそこそそイケそうだったが、自分撮りミラーだけだったような気もする。しかも、一番安いのしか売れていない。
 いやいや、はじめからAPSには熱が入っていなかったのかもしれない。でなければ、ヘキサー、ヘキサーRFがこの世に出ようはずもない。RFは真剣に使ったことはないが、ヘキサーは、立派なカメラである。ただし、極フツーのユーザー向けコンパクトへのフィードバックがどのくらいあっただろうか。言い換えれば、ヘキサーがあるから1万円そこそこのコニカのコンパクトを買ってみようかという層はほとんどいなかったのではないか。
 APSでコケたコニカは、100万画素の夜景というキャッチフレーズで初期デジカメでちょっとしたヒットを打つ。が、その後がやっぱり続かなかった。キョーセラ、東芝、サンヨーなどのOEMでお茶を濁して、結局名機「ビッグミニ」の名前は復活しなかった(していない)。
 で、手元にKD400というイクシサイズのデジカメがある。起動1.5秒、400万画素、けっこう持つバッテリーなどなどスペックは素晴らしいのだが、写りが・・・。ヘキサノンの名前が泣き出しそうな絵しか出来上がってこない。決定的なのは、ピンが甘い。甘すぎる。ノイズリダクションの弊害による甘さではなく、結像力が不足している甘さだ。最初、AF補助光かと思っていたら、実はそうでもない青いLED 、さらにホールドがよさそうでいて、手ブレしやすい右手グリップ。ヘキサーをサンプリングした疑似シャッター音が、むなしさを増加する。鶏口牛尾とはこのことかと。
 ・・・結局、大波を乗り越えてきた実力が、ここにきて潰えてしまったのだろうか? 見た目とカタログ値やセールスポイントの羅列だけ個性を演出、しかも実際はOEM。ブランドネームだけでやっていけた時代そのものが、終わろうとしていることがアリアリと感じられた。

|

« リセットして | Main | 第三の波〜ミノルタ編 »

CAMERA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第三の波〜コニカ編:

« リセットして | Main | 第三の波〜ミノルタ編 »