« 第三の波〜ミノルタ編 | Main | 2日続けて商売人の悪どさを感じた »

八重山のみやげ

 4月18日から26日まで、八重山諸島を巡ってきた。その帰路、給油のために経由した宮古空港の売店で、こんなモノを売っていたのでつい買ってしまった。SANY0044

 七島のうち、今回上陸できたのは三島だけだった。島によってサトウキビと黒糖の味は異なるのだろうか? 興味津々…とはいえ、まだもったいなくて開封・試食はしていない。そいえば。JTA機内で配っていた黒糖(どこ製かは不明)と、与那国で買った黒糖(JA与那国製)はずいぶんと味わいが違っていた。サクッとしてるのはJTA、まったり感ではJA与那国の勝ちだった。
 ちなみにこの黒糖アソートの値段は1260円。安いと思う。実際に七島巡ったら、その運賃だけで幾らになることか……。売店では、あまり目立たないところでひっそりと売られていた。ド真ん中に並んでいた泡盛に比べたら、冷遇としか言いようがない。左党には気前はいいが、砂糖には冷ややかなのか。沖縄限定タバコ(バイオレット、ウルマ、ハイトーン)三個入りセットも売っていたが、あまり触手は動かなかった。

|

« 第三の波〜ミノルタ編 | Main | 2日続けて商売人の悪どさを感じた »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八重山のみやげ:

« 第三の波〜ミノルタ編 | Main | 2日続けて商売人の悪どさを感じた »